categories

archives

ランキングでアクセスアップ

旅の格安予約

マップル地図丸運営予約サイト

旅はJTBです。

パソコンに車での旅 どっちも目が疲れます。

人気ブログランキングへ



デジカメと周辺機器

デジカメの予備バッテリー

ブログランキング 地域

人気ブログランキングへ
 
| 1/2PAGES | >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.02.11 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

白井折立菖蒲園

 白井市折立来迎寺前の折立菖蒲です。満開の頃には菖蒲祭りが開かれて、出店なども出て、歌謡ショーも行われるそうです。この時は2011年4月です。

しかし私はそんな旬の時には行かないです。時期はずれに行って一人のんびり贅沢に写真を撮ります。



上四枚は懐かしのキャノンkissx3の写真で、下一枚がパナソニックg1のものです。随分と色合いが違います。緑色の表現はg1のほうが好みです。

この時はx3とg1を使っていて、x3の緑色が思ってたように撮れないで唸っていたときです。そして、g1の夜景撮りでは電灯の過剰な緑写りが気に入らなくて。と試行錯誤が多くて、随分と数を撮っていました。その後どう頑張っても、思う色は出ないということに気づいて、ペンタックスkrを買って、昼間はkr、夜メイン用にx4を買って、この二台体制が私にしては長く続いています。概ね満足していますが、x4の低感度のノイズはx3よりも多いのが気に入りません。300万画素も増えたせいかもしれません。高感度は少し強い気がしますが、夜景などでは、絶対的に三脚低感度ですので、高感度は要りません。
そんなこんなで新しいカメラが欲しいです。同じ写真が撮れるならば小さくて軽いほうがいいので、kissx6が欲しいです。ペンタックスもk30も魅力的です。二台いっぺんに入れ替えようか、他のメーカーも使ってみたいな。などと思いを馳せますが、その前にパソコンも欲しい。でもその前にお金がないな。

というわけで折立菖蒲園から完全に話がずれる、春の夜でした。

紫陽花3回の3白井の弁財天

 白井市の国道464号線のちょっと脇に入ったところにこんな小さい弁財天があります。正式にはなんと言うのか分かりません。

ちゃんと水があってザリガニがいました。

小さい公園があります。

この池の周りにはいつも花が沢山あります。いつもと書いたのは、何度か行っているからです。この周辺に行くときにはここに立ち寄る癖が付いています。なんか地味だけどいい所で穴場っぽいです。

なんでかわざとらしく前ボケをいれています。

この回だけは天気が良かったのですが、今見るとだからうまく撮れている訳ではないようです。天気が悪いからと言ってうまくないし、天気が良くてもうまくない。ようです。


でも暗い苦しい?写真よりは気が楽に?なります。

ここは真冬以外はいつも色んな花が咲いている気がします。


先週末の夜に車でうろうろしていたら、人々が急に夏モードに入っていて、夏特有のコンビニたむろの若者集団とか地べた座りパンツ丸見え少女隊とか繁華街で飲みすぎて倒れている人など、私の苦手な季節になりました。
その人々を見て、早く紫陽花の写真を載せてしまおう、かろうじてまだ咲いている今しかないと急ぎの三連続です。
以上でした。

白井池の上の歩道

 白井市池の上の中木戸公園にこんなちょっと良い感じの歩道かありました。


歩道からスロープで降りれますが、この写真では良く見えないですね。

歩道の上です。

ただの歩道なのにかなり豪華に作ってありました。

今回はこんな感じです。

梅雨の森 白井神々廻市民の森より。

 白井市神々廻(ししば)の市民の森からです。何も無い広場もありますが、今回は遊歩道のほうの写真です。もう夕方の時間です。

とにかく梅雨時の森です。

小川も流れています。

朽ち果てた橋がなにかいい感じです。


こんな感じです。
もう七月になるんですね。暑いのは苦手です。これからは海とかに人も多くなって写真を撮るのにも自由が利かなく、車の渋滞とかでも制限が出来ます。こんな時にはどうしようか? 去年は観光地とは程遠い我孫子で写真を撮っていたのを思い出しました。今年はどうしようかと思案します。

白井 清戸宗象神社

 印旛沼周辺にはごく狭い範囲で、麻賀多神社17社、鳥見神社12社、宗象神社13社、社埴生神社3社が祀られています。この4社が入り組むことなく分布されている珍しい形態だそうです。その宗象神社の中でも最も古いのがこの清戸宗象神社だそうです。創建は876年と事。平安末期まではこのあたりは海だったそうで、もしかすると海辺の神社だっのだと思います。
さて場所は船橋カントリーの横になります。


細長い道を進みます。

すると小さい社殿が一つだけあります。

小さいと見えた社殿は横に回ると印象は全く変わりました。とにかく造りや彫り物が見事です。


細かい所を見てもちゃんと手を抜かずに造られていました。この建物は天保2年(1831)のものだそうです。約二百年も前のものとすると随分きれいで痛みが少ない気がするのは・・・。とあまり深く考えないです。地元の方の手入れが行き届いているのですね。



震災から何日かたちましたが、事態は本当に深刻ですね。昨年は一般道の海沿いを通って、岩手県宮古市の浄土ヶ浜まで旅をしました。被災状況で地名が出ると、どこも通った事がある、立ち寄ったところだ、と気が気ではありません。東北はいまだ寒いです。もっと暖と水と食料を!と思いますが、私個人ではどうすることもできません。なので出来る限りですが、募金をしました。
亡くなられたかたにご冥福をお祈りします。
そして生きているかたには早急に援助を!

白井市清水口調整池の白鳥

 ここは2009年の秋のシリーズの時に見つけました。その時にただの調整池なのに白鳥がいて大変に印象に残っていたので、また行ってきました。場所は清水口です。今年は19羽来ているそうです。

巨大な白鳥が隊列を組んで近づいてきました。

ご飯の時間です。世話をする方たちが池にばらまきます。

怒れる白鳥です。何故か後ろで攻撃をしている鴨がいるのに注目です。

最盛期は凄い事になります。白っぽい影は金網です。

しばらくすると白鳥は逆立ちをしました。沈んだ餌を食べているのでしょうが、これは面白かったです。

餌もなくなって、鴨たちは去っていくのに白鳥はまだ逆立ちをしています。

逆光を利用して撮った一枚。ではなくて逆光になってしまったが正解ですね。

なんとか羽を広げているのが撮れました。

ここまで来て、失敗に気が付いています。鳥ばかり写していて、どんな場所か分かる写真を撮っていなかったです。古い写真を引っ張り出してきました。こんな感じの普通の調整池です。

居ついてしまう白鳥がいる中で、ここのは暖かくなるとちゃんとどこかへ移動するそうです。それにしても何がきっかけでこの池に来たのでしょうか。そして餌付けに成功した世話する人もやりますね。ここは一見の価値ありだと思います。

白井jra競馬学校

 前回からの続きです。弁財天からの緑の細道を歩きました。

するとそれらしき建物があり、さらに進めば競馬学校がありました。見たかった競馬学校がついに見れました。箱にはちゃんと競馬学校と書いてあります。

これから巣立つジョッキーがいました。いつもの癖で頭を下げたら、若ジョッキーさんは馬上から深く頭を下げてくれました。きっと礼儀も厳しく教わっているのだと思いました。

私が歩いてきた道はどうやら私道で、建物部分と練習場の間を通っています。道を渡るのには警備員さんの合図があってから渡っていました。白馬ってかっこいいです。

これが練習場です。遠くで馬が走っていましたが、何故か雲にピントを合わせています。この辺が私のセンスの無さですね。

思い起こせばこの時は雲をよく撮っていました。しかしなんとかコースも写っているので、これで良しとします。

このあたりはとても気に入った場所です。春にはまた行きたいです。

白井競馬学校付近弁財天

 以前に行ったけど見れなかったjra競馬学校ですけど、ネットの地図を見ていたら細い道があり、なにか行けそうです。砂利道、畑道を学校の方に進めば小さい神社がありました。

緑多く、静かな場所でした。あっこの写真は昨年2010年五月のものです。新緑の季節ですね。

小さいけれど立派な構えです。弁財天と書いてありました。


社殿の周りには水がありいい感じかと思えば・・・・

相当うるさい神社でした。




いささかげんなりしながら山道を進めば、とうとう競馬学校が見えました。次回に載せます。

白井でしじみを見つけた。

 蜆(しじみ)を見つけたのは、ここです。白井市のどこかです。秋の紅葉を探していたらたどり着きました。

本流に注ぐ用水路なんですけど、この用水路をちよっと振り返ると、

なにかの物体が沢山いました。最初はどんぐりが流れてきてここで留まっているのかな?と思いました。しかしこの上流を見ると、どんぐりがここまで流れてここに集まるのは不自然な場所でした。そこで何でも気になる私は、じっと水中を観察します。すると、

もしかしたらこれは蜆ではないのか!

アップで撮るとまさに蜆でした。

なんでこんな場所に蜆が群生しているのかは全く分かりません。ただの用水路に見えます。そして蜆が大量、にしかもここだけにしか居ないように見えました。本流では見えなかったし、ここ上流では確認できなかったです。その距離は僅か20メートル位なのかと思います。良くは分からないけど、蜆にとっては環境がいいのだと無理やり納得させました。

ところで場所を明確にしてないです。理由はこんな少しの場所で生きている蜆の場所が知れたら、すぐにでも居なくなってしまいます (はっきり言うと強欲な人たちの餌食にされないためです) もしも知れたらすぐにでも居なくなりそうです。
では、なんで公にするのかと問われれば、せっかく見つけたブログネタ埋もれさすのは勿体無いからです。この本当に地味な感動を誰かに伝えたいのです。この中途半端なブログをお許し下さい。


といたって真面目になってしまいましたが、酒飲みの私には蜆は最高にいいらしいですね。どこかのお寿司やさんで見たポスターに、
人間には23の必要な栄養素がある。そのうち22が含まれているのが蜆でたった一つだけ入っていないものは脂肪だけ。見たいな事を書いてあるのを見ました。現代人こそ蜆が必要なんだと強く思った次第であります。


話は元に戻りますが、ここの蜆は取ってません。取るなら春の暖かくなってからです(冗談です)

西白井グランメッセ

本日大量に酔っています。
ここの所、曇り空や夜の写真が多かったので青空がはっきりしている写真はないか探していたら、ここが該当しました。西白井駅前にあるルイシャトレグランメッセです。マンション名は大体とてつもなく大げさな名前がかっこいいです。??
 
ここは西白井探索をしていて、青空が綺麗なので一枚撮りました。
それにしてもマンションの新聞チラシの写真のようです。

追伸写真を少しだけ大きくしました。これ以上は右のカラムにかぶってしまうようです。
それでは又。

このページの先頭へ▲
   

links

selected entries

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM