categories

archives

ランキングでアクセスアップ

旅の格安予約

マップル地図丸運営予約サイト

旅はJTBです。

パソコンに車での旅 どっちも目が疲れます。

人気ブログランキングへ



デジカメと周辺機器

デジカメの予備バッテリー

ブログランキング 地域

人気ブログランキングへ
 
| 1/1PAGES |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.02.11 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

千葉県難解地名8 廿五里

 これは普通ではまず読めません。いつへいじと読みます。ついとは二十を意味するらしく、試しににじゅうと入れて変換したら廿と出てきました。五里でへいじと読むのは分かりません。ようは二十五里でどこからかと言うと、鎌倉からのようです。

寒いです。

千葉県難解地名7 白井市神々廻

 知らなければまず読めません。神々廻。これでししばと読ます。白井市の北部です。

今日はもう寝ます。おやすみなさい。

千葉県難解地名6 千葉市緑区小食土町

昭和の森がある住所です。これでやさしどと読みます。この住所を見たときには勝手にこしょくどと読んでいました。それにしても難解な地名なので、調べてみました。 

緑区の町名ページから。
・小食土町はもと、「矢指土」という字をつかっていたが、海上郡にも同じ「矢指」という村(現旭市)があってたびたび誤解を受けることがあった。そこで「矢指」の字を別の文字に変えようということになり、当時村に住んでいた漢字者のところに相談に行くと「大食のものは、バンカラだが小食のものは心がやさしいから、いっそのこと「矢指」を「小食」の字に変えたらどうだろうか」と言われた。なるほど漢字者はえらいことを言うものだと言うことになり「矢指」を現在の「小食」の字に変えたと言われる。

これを読むと昔からこの書き方ではなく、わりと最近になってこの漢字を使うようになったみたいです。漢学者がバンカラと言って決まったのですからね。そのバンカラはハイカラの対義語だそうで、ハイカラは明治時代の流行語だそうです。


千葉県難解地名5 千葉市若葉区五十土

 今日は軽めに貼り。千葉市若葉区泉自然公園隣、五十土。読めませんです。

いかずちですね。平仮名がふってある有難いバス停。一日四本しかこないです。

周りは純農村地帯。あとは産廃施設がありました。
ところで左のカテゴリーの市の部分を人口が多い順に並び替えました。町村は郡単位でくっけてあります。そろそろ浦安に写真を撮りに行かねば。おやすみなさいませ。

未だに読めない千葉地名。本埜村

 物井の話で熱くなり過ぎました。なのでちょっと毛色を変えます。久々の千葉県難解地名です。
まずは本埜村です。本埜だけでも読めない人も居るのではないでしょうか。つぎは本埜村

安食ト杭 あじきぼっくい?です。正直言いまして、安食は読めたんですけど(と言っても言葉で知っているだけ)
ぼっくいとは読めません。そして次は。

この標識のセブンイレブンを曲がったところにある古圃踏み切りです。

勝手にふるぼと読んでいますが、本当は分かりません。

本埜村安食ト抗古圃踏切。なんか日本語ではなく漢字文化圏の違う国の言葉みたいです。ゆかりの無い人で読める人はいるでしょうか。

千葉県難解地名3 牛房谷

 富津市のバス停から。佐貫駅を山の方面へ。佐貫城跡の入り口のバス停です。館山道路の下です。
牛房谷。これで、ごほうやつと読むそうです。知ってなければ読めない地名です。広報ふっつでは亀沢(牛房谷付近)となってましたので、今現在は地名でなく、バス停に名前が残ったのかもしれませんが詳細不明。

この写真はちょっと前の古墳のときと同じ日です。大雨で車から降りれなく、ワイパーを使ってもフロントガラスに水滴が消えません。こんな写真になっしまいました。佐貫城跡も行く気力が無くなったです。

千葉県難解地名2 七畝割

 
ここの所あつい話題が多かったので、今回はさらっと。
松戸市七畝割 ななせわり。 畝の字は学校で習った記憶がありません。

海士有木? 何て読むんだ? 難解地名1

 南房総外房ドライブの時は、上総牛久を起点にすることが多いのです。そこから大多喜から海の方に行ったり、勝浦の方に出たり。まずは牛久へって感じなんですけど。大多喜街道を南下中に気になる地名&駅がありました。海士有木(小湊鉄道)なんて読むんだろう。ずっと気になっていたので3月のドライブの際にちょっと寄り道をしました。すると駅はこんな感じでした。

そして読み方はあまありきでした。

これは駅前駐輪場

駅前に一軒だけの雑貨屋さんが。

勝手に誰も居ないだろうと思っていたら、6人が電車を待っていました。高校生もいたので近所に高校があるのでしょうか。と言う事は結構乗客人数は多いのかと思って、ウィキぺディアで調べたところ、一日243人の乗員だそうで、車もほとんど入ってこないとなれば昔ながらの雑貨屋さんが一軒なのも納得ですね。駅裏はいきなり田んぼと、どこの郊外に行ってもありそうだけど、実は少しづつ減っている光景でした。

このページの先頭へ▲
   

links

selected entries

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM